調剤薬局 DISPENSING PHARMACY

患者様の薬や
健康のサポートを行う
「かかりつけ薬局」

「かかりつけ薬局」としての機能を備えたアカカベの調剤薬局は、「調剤併設型ドラッグストア」と「調剤専門薬局」があります。近隣医療機関と連携しながら調剤を行うことで、患者様の身近な薬のパートナーとして、薬や健康のサポートを行っています。最新の設備やシステムを導入し、安全性と専門性の追求を続けています。 

  • 調剤併設型ドラッグストア

    大病院からクリニックまでさまざまな処方箋を受け付ける、面調剤を行っています。薬歴管理はもちろん、常用されている市販薬などとの飲み合わせも確認し、薬による健康被害から地域の方を守ります。

  • 調剤専門薬局

    門前病院や門前クリニックからの処方箋を主に受け付けています。専門知識と最新システムにより、迅速かつ的確な調剤を実践。患者様にとっての安全性と治療の有効性を高めるため、日々努力しています。

安心安全な調剤のための
サポート体制

  • かかりつけネットワーク

    服薬指導内容や薬歴情報を全店で共有できるシステムを導入。重複投与や相互作用のチェックができる環境を整備しました。

  • 最新システムの導入

    正確な調剤業務遂行のため、全店で監査システムを採用。電子薬歴など最新システムを積極的に導入しています。

  • 薬剤師の教育体制

    専門医を講師に招いた勉強会や社内学術発表会など、地域医療に貢献できる薬剤師の育成に努めています。

在宅医療 HOME CARE

アカカベを拠点とした
医療・介護の連携を行い、
よりよい地域医療を目指す

アカカベグループでは個人宅や老人ホームなど、約2,000名の在宅医療を行っています。より最適な薬物治療を行うため、医師の往診に薬剤師が同行し、処方計画にも積極的に携わっています。基幹店舗には無菌調剤室を設置し、在宅医療に必要な輸液調剤への対応など、地域医療の拠点となるべく、万全の体制を整えつつあります。 

  • 専門知識で高齢者を支える在宅医療

    一回に数種類の薬を服用する場合、飲み忘れや飲み間違いが生じやすくなります。薬の管理はホームヘルパーにとっても大変です。しかし、最適な薬物治療を行うには、薬の管理はとても重要。「必要とされている医療サービスは何か」を常に考え、個人個人に合わせた一包化や服薬管理、医師との情報共有や疑義照会などを実施してきました。今後も医療に携わる一員として、周囲と連携しながら患者様のサポートに全力を尽くします。

  • 医師や看護師、ケアマネージャーなど専門職との連携

     「住み慣れた自宅で療養したい」といった、患者様やご家族の想いに寄り添う在宅医療。「地域医療への貢献」を理念に掲げるアカカベにとって、欠かすことのできない事業です。最適な薬物治療の提供だけでなく、看護師やケアマネージャー、ホームヘルパーと連携し、チームで患者様の健康をサポート。アカカベを拠点とした医療・介護の連携を行い、よりよい地域医療を目指しています。